天の川七夕まつり2009のすべて 

◇来場者 1万7千人

◇経済効果 7/7半日の売り上げ 1700万円  (アンケートからの推定)

◇話題  ・橋下 徹知事の来場  ・おけいはんの出演   ・ミューズクラスタの

       野外ミュージカル「かすみを織る姫君」上演   ・水都大阪2009とのコラボ

◇ボランティア 約800人のボランティアの支援をいただいた(参加12地区を含めて)

◇13:00から地域とうろう設置、15:00から市民紙とうろう設置の予定のところ、午前中に

  紙とうろの設置をはやばやと終える団体も。    笹飾りはエコ笹飾り

◇7/7 8:30 観光ボランティア 日の出橋に集合して準備はじまる。

◇その他の会場も、だんだんできあがっていく。

◇15:00 テント村がオープンすると、子供たちでにぎわいはじめる。

◇18:35 オープニングセレモニーが始まる。

  司会の村井亜記子さんは、はじめてだけど美しく通る声でスタート。観光協会会長の短い開会

  宣言のあと、来賓の紹介。今年から来賓の挨拶はなくなり、見せる催しが企画された。  

◇18:45 関西創価学園の吹奏楽が始まる。

  2005年、第1回目、公立校の出演が難航していたとき、関西創価学園高校を訪問すると、

  「第1回目に出演依頼を受けて光栄です」という大原校長先生、「一生懸命に練習している生徒

  に発表機会を与えていただきありがとうございます」という伊藤先生のお言葉が縁で、いまも、

  オープニング演奏をお願いしている。天の川七夕まつりを育てていただいた恩人のひとり。

◇18:55 「おけいはん」登場

 「いとはん」と呼ぶより「京むすめ」という印象の、浴衣姿がとてもすがすがしい「はんなり」美人。

 歌手でもあるおけいはんは、中之島線開業を記念したイメージソング「はじまりは中之島」を披露。

 CDはABC系の中之島レコーズから発売。 当日のおけいはんブログ

◇19:10 ミューズクラスタのミュージカル「霞を織る姫君」上演

 交野に伝わる七夕伝説「霞を織る織姫」が「ミューズクラスタ」の皆さんの出演で上演された。

 親しみやすい音楽とスケールの大きい演出で、賞賛の声が多くよせられた。 

 ・作詞/作曲/演出  「ヨーデル食べ放題」の作曲者、リピート山中

 ・振付  星野一嘉

 ・衣装  本塚操/渋谷めぐみ

 ・出演  織姫 永池實保  彦星 星野一嘉  旅人/天帝 北野 隆

      コロニー 渋谷めぐみ 高橋登貴子 神保 茜

 ・ミュージカルの動画を見たい方    ・交野賛歌「天の川ロマン」を聞きたい方  

◇19:30 とうろうへの点火セレモニーのあと、交野賛歌「天の川ロマン」合唱

  ガールスカウト大阪107団の皆さんが太陽からとった火が、ガールスカウトとボーイスカウト

  交野第2団の手で運ばれると、関西創価高校吹奏楽部のファンファーレ、花火を合図に、会場

  にならぶ11地区のあんどんに地区代表の子供さんが火をともした。同時に、全会場の竹とうろう

  1000本、紙とうろう5000個にも火がともされ、会場から歓声があがった。

  そのあと、ガールスカウト大阪107団とミューズクラスタの皆さんが、リピート山中作曲の

  新しい交野賛歌「天の川ロマン」を合唱して披露した。

天の川七夕まつり夜景へ

◇20:30 橋下 徹大阪府知事が来場

 挨拶のあと、約30分、まつり会場と水都大阪2009のコラボ作品を見学。交野市民のパワーに

 絶賛の言葉、とくにむかしながらのとうろうがすばらしいと、終始ハイな印象の知事だった。

撮影 大谷凡夫さん  多田重夫さん  横山和子さん